2018.04.28 Saturday

カバーで抜き彫りを彫って、現在額彫りにしています。

若い頃に彫ったイタズラみたいなものがいくつか背中にありまして、それをカバーするということで、いらしてくださったのがきっかけです。

とりあえず、龍の抜きで色々なイタズラを隠しましたが、やっぱり額彫りにしよう。

ということで、現在額を彫りに通ってくださっています。

毎月1〜2回。2〜3時間で通ってくださっています。

彫昌のサイトはこちら。

JUGEMテーマ:アート・デザイン

2018.04.27 Friday

こちらのお客様も向い龍五分。スジ彫りが終わりました。

昨日もブログに向い龍の五分を上げましたが、

こちらのお客様も向い龍を入れに通ってくださっています。

やっぱり龍は人気で、他にも数名いらっしゃいます。

こちらのお客様も進み具合は近くて、スジ彫りが終わったこところです。

 

 

 

2時間ずつ毎月2回という無理のないペースで、休まずに規則正しく通って来てくださっています。」

ゆっくりですが着実に進んでいきます。

 

毎週来て一気に仕上げるお客様もいらっしゃいますが、こういう着実なペースのお客様も最後まで完成させていく方が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彫昌のサイトはこちら。

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

2018.04.26 Thursday

向い龍五分 スジ彫りが終わりました。

向い龍を五分で彫っています。

背中を抜き彫りで数年前に入れてくださったお客様で。

何年かぶりに通い始めてくれました。

月2〜3回くらい来てくださいます。

左右スジ彫りが終わりました。

彫昌のサイトはこちら。

2018.03.28 Wednesday

龍と風神雷神

向い龍に見えますが。

風神雷神を両腕に彫っています。

 

 

 

 

 

 

埼玉の結構遠方から電車ではるばる通って来てくれている若者です。

まだ給料も多くはないと思いますが、毎月一回は休まずきっちり通ってきてくれます。

偉いなー。と思いますし。

ありがたいです。

 

彫昌のサイトはこちら。

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

2018.03.25 Sunday

麒麟 七分

なぜか若いお客さんに人気の麒麟です。

縁起が良いものです。

 

 

 

 

菊を入れてお洒落に七分に決めました。

 

 

 

 

 

彫昌のサイトはこちら。

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

2018.03.24 Saturday

龍と菊 長袖

龍と菊を長袖で彫っています。

来だすと2,3回続けて来てくれるんですけど、仕事が忙しいみたいで、来ない時は1〜2か月来ない。

ちょっと不規則なペースのお客さんですが、頑張ってここまで進みました。

ま、忙しい仕事してる人は通ってくるのが大変なんだと思います。

 

 

 

 

前腕には菊を入れました。

 

 

 

 

彫昌のサイトはこちら。

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

2018.03.23 Friday

水門破り 背中

水門破りを彫っています。

人気の絵柄で今も3人くらい進めています。

 

 

大分額が進んできました。

毎月一回3時間だけしか来ないお客さんなんですが、必ず次回の予約をしていってくれて、休まないので着々と進みます。

1年で36時間。休まず通えば1年半で終わるんだから、継続は力なりですね。

 

 

 

 

彫昌のサイトはこちら。

 

2018.03.07 Wednesday

龍 腕五分 外国人旅行者の方

こちらはニュージーランドからのお客様です。

5日間ほどしか時間が取れなかったので、毎日2〜3時間彫って。

15時間で腕の五分の龍が完成しました。

 

 

 

 

 

こういう短期決戦みたいな仕事は彫られてる方は大変だと思いますが、

やっぱり額彫りは外国では手に入りにくいみたいで、皆さん頑張って入れていきます。

和彫りはこの後長袖にしたり、胸を付けたりと、拡張性が高いのでその点では外国人旅行者さんにも向いています。

 

 

 

彫昌のサイトはこちら。

2018.02.09 Friday

背中 不動明王

引っ越しや転職があったみたいで、しばらくお休みしていましたが、久しぶりに来てくれました。

不動明王です。

 

 

 

龍のウロコが終わって、赤を入れています。

このへんの過程はどんどん雰囲気が変わってくるので、お客様も楽しんでいます。

 

 

彫昌のサイトはこちら。

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

2018.02.07 Wednesday

胸割り 鯉と金魚

鯉と金魚を脇腹から尻にかけて彫っています。

背中と胸の太鼓まで額彫りで終わったお客様が、しばらくすると腹に足して胸割りにしに来てくれます。

 

 

このお客様は背中は別の彫師さんの作品が入っていました。

 

反対側。

 

 

 

躍動感のある良い刺青になったと思います。

ボカシや色がはいるとさらに綺麗になって見応えあると思います。

 

 

彫昌のサイトはこちら。

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Tattoo Studio SEEK
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログの殿堂
ブログランキング
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode