2012.08.28 Tuesday

六本木バニラムードで宮地スグル4

JUGEMテーマ:音楽JUGEMテーマ:アート・デザイン


自分のサックスの先生のライブに行ってきました。
六本木バニラムードで宮地スグル4です。

ちょうど西麻布の交差点と六本木のあいだあたりなので、西麻布のカフェでビールをガブガブ飲んでから行きました。
終わった後は六本木に。なんていうこともしようと思えばできちゃう、ナイスなライブバーでした。

先生は、現在ニューアルバムを製作中ということもあり、オリジナルの新曲と。スタンダードを織り交ぜて。
たっぷりと聴き応えのあるライブでした。





ここでちょっとジャズの伝道。
ジャズのライブってのは、ジャズを知らなくても楽しいんですよ。
みなさんウマイから、リズムやメロディがちゃんと心に響くんです
理論やうんちくなんていらない。: )
さらにミュージシャンの人ともお酒を飲みながら接することができたりもするし。
日本のジャズミュージシャンは、世界的にもスゲーうまい人がたくさんいます。
でも有名な人のライブでも結構空いてたりしますw
みなさんも思い切って行ってみましょう。
良かったら自分がご案内しますよ。: )

とりあえず、先生のサイト。↓
http://www7b.biglobe.ne.jp/~noizz/
本場アメリカ仕込みの本格ジャズプレイヤー。コンポーザー。
二枚目だけどブログとかもおもしろいので必見。
2011.03.24 Thursday

さよならバードランド ビル クロウ

JUGEMテーマ:音楽


「さよならバードランド」
ビル クロウ著
村上春樹訳
です。

自分は、本屋さんの「ビレッジバンガード」が好きです。
みんな好きだと思いますが、面白いですよね。
おもしろい雑貨もそうですが、刺青の本もたくさんあるし、Jazzのセクションもあったりして、自分の趣味に合います。

最近池袋にもできたので、たまに行っています。
刺青の本をお探しの方は、是非どうぞ。
西口の丸井の上の方の階です。
スタバも同じ階にありますので、そのまま読んできたりもできて良い感じです。

で、そこで見つけて買いました。
自分は、村上春樹の小説はもちろん素晴らしいと思うんですけど、紀行文や翻訳作品がそれ以上に好きです。
なんというか、彼のすごくすぐれた文章力を、よりストレートに味わえるからかもしれません。

この作品は、まだ読み始めですが、やっぱりおもしろいです。
村上春樹の翻訳文章は素晴らしいし、なんといってもこのビル クロウという人がすごい!
ちょっと勉強不足で、ベーシストとしては知らなかったんですが、スタン ゲッツやジェリー マリガンのバンドにレギュラーでいたらしいです。
さらに、評論家としても活躍しているらしく文章もうまいです。
当事者の視線で書かれたこの作品は、評論家が書いたものより、ドラマチックでおもしろいです。




彫昌 Tattoo Studio SEEK
PCサイト
携帯サイト

↓↓↓ クリックお願いします。
タトゥー・ボディアートブログランキング

人気ブログランキングへ

ブログランキング
2011.03.22 Tuesday

Live in Montreal1982 Sonny Rollins

JUGEMテーマ:音楽
DCIM0116.jpg

今回、震災があってテレビを買いました。
やっぱり、リアルタイムの情報や、専門的家が出演する特集番組はこういう時には必需です。
大変助かっています。

で、このテレビなんですが、
最近のテレビっていうのは、パソコンのモニタ端子が付いているんですね。
さらには、PC用の外付けHDDをUSBで繋げるだけで録画ができるそうです。
レコーダーみたいなのは内臓されてるんですね。
すごいですね。
マジでびっくりしました。

ということで、今までPCのモニタを置いていたところに置いたので、スペースもいらなかったし。
DVDも今までのPCのモニタで観るより、明るくてきれいに観れました。

今日、Disc Unionをブラブラ眺めていて、おもしろいDVDを見つけました。
Sonny Rollinsのライブ作品なんですが、8beatをメインにしたエレクトリックバンドです。
エレキベースにギターを2本っていう、まるでロックバンドのような編成。
収録曲は、以前にYoutubeで観た事のあった、My one and only love。
それに、以前にライブで演奏した事のあるPenny Savedという曲が入っています。

これは、懐かしいし、最近はバンドリハなどが中止になっているせいもあって、連日厳しい個人練習ばっかりやってるし、震災で気分も沈んでるし。
元気が出るかなと思って、買いました。

やっぱり良かったです。
Rollinsのストレートな音色やメロディーは、語りかけてくるようで、歌詞のある歌声を聴いているような気分になります。
あまり評価の高くない後期のRollinsですが、自分はこの映像を観て、Rollinsの溢れる説得力と才能にすっかり感動してしまいました。

美しい人生を描いた素朴な絵画を見せられているような音楽でした。
こういう、直接的に元気がでる演奏って、Jazzでは意外と少ない気がしますので、そういう意味でも貴重な作品だと思います。


彫昌 Tattoo Studio SEEK
PCサイト
携帯サイト

↓↓↓ クリックお願いします。
タトゥー・ボディアートブログランキング

人気ブログランキングへ

ブログランキング
2011.03.05 Saturday

This is Honda 本田竹広

JUGEMテーマ:音楽


This is Honda
本田竹広
です。

今飲みながら聞いてました。
CDレビューが続きますが、ちょっと酔っ払ったので勢いで書いちゃいます。

このCD。
多分、自分が一番多く聞いているCDです。

今まで、他のいろんなプレーヤーのファンだと書いてきましたし。
自分がやっている楽器はテナーサックスですが。
回数でいったら、ピアニストの本田竹広のThis is Hondaを一番聴いているんです。

今をときめくドラマー本田珠也のお父さんです。
峰厚介さんとNative Sunをやっていた方です。

もう亡くなってしまって、ライブで観ることはできません。

ま、一言で言えば、ハードボイルドですよ。

まだまだ素人ながらもジャズやってると、ピアノって聴いていると、それが男性なのか女性なのか、日本人なのかアメリカ人なのか、ってなんとなく解る時があります。
演る前は解らなかったんですけど。
本田竹広は、一発で解りますよ。
男のピアノです。

この人のピアノはいつも、語りかけてくるような説得力を放っています。

観てみたかったなぁ。

この作品は、ホントに一聴の価値ありですよ。



彫昌 Tattoo Studio SEEK
PCサイト
携帯サイト

↓↓↓ クリックお願いします。
タトゥー・ボディアートブログランキング

人気ブログランキングへ

ブログランキング
2011.03.04 Friday

Midnight Special / So What

JUGEMテーマ:音楽


久しぶりにCDレビューです。
今日届きました。

最近、オルガントリオっていうのにすげー興味があります。
ベースレスのピアノ、ドラム、テナーサックスです。
で、このアルバムはケニーバレルっていうギタリストが参加していますが、2曲はギターが抜けて、先述のトリオ構成です。
今、絵を描きながら聞いてますが、やっぱり良いなー。



それと、もう一枚。
これはイメージが出ないんですね。
紙ジャケで格好良いんですが、残念です。
富樫雅彦&J.J.スピリッツ
というバンドです。

以前このブログで書かせて頂いた、ジャムセッションを開催してくれているピアニストの女性がいるんですが、彼女が紹介してくれたCDです。
So What が格好良いとのことなので、自分も昔の日本のジャズが好きなので、you tubeで聞いてみたら、なんだか聞いたことのあるサックスが・・・。
テナーサックスが峰厚介なんですねー。

峰さんは、何度かライブを観にいって、いつも持っている自分の鞄には峰さんにして頂いたサインがでかでかとあります。w
ファンなので、CDは全部持っていたと思っていたんですが、このグループ知らなかったんです。
何枚か出してるんですねー。
とりあえず、2枚注文しました。

選曲は定番のスタンダードですが、芸術的で激しいコンテンポラリージャズと、渋い4ビートの2面性を持った素晴らしいアルバムです。
予想通りの古き良き日本のジャズです。
みなさんスゲーうまくて、熱くて、格好良いです。
峰厚介節も全快です。


彫昌 Tattoo Studio SEEK
PCサイト
携帯サイト


↓↓↓ クリックお願いします。
タトゥー・ボディアートブログランキング

人気ブログランキングへ

ブログランキング
2011.02.08 Tuesday

耳コピ

JUGEMテーマ:音楽
 

あんまりしないんで得意じゃないんですが、わけあって採譜してました。

さっそくEWI(ウィンドシンセ)が活躍しています。
やっぱサックスより軽いし、息はいらないし。
自宅でできるし。
耳コピにはむいてます。



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


彫昌 Tattoo Studio SEEK
PCサイト
携帯サイト
2011.02.06 Sunday

フライトケース Selmer

JUGEMテーマ:音楽
 


いつも、こういう風に仕事場の入り口にちょこんと置いてあるのを、常連のお客様はよく見かけてると思います。

たまに、
「ゴルフ行ってきたんで。」
とボケたりしてますが、テナーサックスのケースです。
このケースは、素晴らしく軽くて丈夫なんです。

サックスってのは真鍮でできています。
だから、すごく柔らかいです。
自分も2回ほど落として、泣いたことがあります。
こんなんで、壊れんの?!
っていうくらいちょっとだったんですけど、しっかり壊れました。

ま、硬いと鳴らないんでしょうね。

そして、テナーサックスってのは重いです。
とんでもなくってわけでも無いですが、ある程度の距離を持って移動すると、結構なストレスがたまるくらい。
だから、ハードケースなんかに入れた日には、練習に行かなくなります。

今日も仕事の前に練習してきました。
なんだか調子が良くて、ブンブンなってたなぁ。

サックスってのは、調子が良いと管体がブンブン鳴ります。
悪い日は、分厚い鉄でできてるんじゃないかと思うくらい鳴らなくて、重く感じます。
なんだかサックスにも機嫌があるんじゃないかと、感じます。
ま、気のせいなんですけど。



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


彫昌 Tattoo Studio SEEK
PCサイト
携帯サイト
2011.02.03 Thursday

CD購入

JUGEMテーマ:音楽





5 By Monk By 5  Thelonious
What Is There to Say  Gerry Mulligan
Worktime  Sonny Rollins
I Will Say Goodbye  Bill Evans
Four &more Miles Davis
の5枚で、¥4041
さらに、洋楽輸入版3枚以上で10%OFFキャンペーン中で¥424引き。
税込み¥3818で送料無料。


とんでもない時代です。
CDが売れない時代で古い作品とはいえ。
一枚800円してないわけですからね。


村上春樹は有名なLPコレクターですが、アメリカ在住の際に書いた手記の中で、「一枚、$7っていうのが、買うか買わないか微妙なラインである・・・。」や、「(某名盤を)$10で見つけて即買いした。」
って書いています。
それと同じくらいの値段なんですね。
ま、自分はLPコレクターじゃありませんので、要は自分の趣味の鑑賞と、Jazz的教養のために、音楽を買っているだけです。
家にいて、PCからボタンをポンっで買ってLPマニアと同じ値段なら、お得感ありますよ。
便利です。

5 By Monk By 5
良いタイトルですね。
モンクによって作曲された5曲を5人で演奏する。っていうタイトルです。
太いテナーの音が聞きたくて、買ってなかったSonny RollinsのWorktimeを買いました。
そのながれでバリトンのGerry Mulligan。
晩年のBill Evansで癒されて。
Milesの男のライブでテンションを上げる。


というラインナップです。
レビューは後日。



彫昌 Tattoo Studio SEEK
PCサイト
携帯サイト
2011.02.02 Wednesday

LIVE AT LEFT BANK SONNY STITT

JUGEMテーマ:音楽




SONNY STITT(sax),DON PATTERSON(org),BILLY JAMES(ds)
というオルガン、ベースレストリオ。
最近ではSouliveがそうですね。
ファンキーな構成です。

Sonny Stittは、Another Birdっていうニックネームをつけられて、それが嫌なあまりにCharlie Parkerが亡くなるまで、テナーに持ち替えてた。という人です。
良く言えば、すげーサックスがうまくて、プライドが高い。とも言えます。

Charlie Parkerをキレイに理路整然と吹いて、ちょっとファンキーにした感じです。

そのうちの一枚である、この作品はちょと異色です。
バンド構成は先述の通り、スタンダードでは無く、ファンキーな構成。
そして、Sonny StittはvaritoneというElectric Saxを吹いています。
これが結構良い音です。
ファンキーな構成やプレイにピッタリはまっています。

選曲もかなり良いです。
Sanba De Orpheusがきて「おっ。」と思うと、Cry Me A River。さらにはThe Shadow Of Your Smile。
日本人好みの選曲です。

サックスのフレーズも選曲も渋いのに、フンンキーな印象の素晴らしい作品です。
名盤。
2011.01.31 Monday

Jam Session

JUGEMテーマ:音楽

201101292119000.jpg

池袋某所で、いつもお世話になっている、ピアニストの方が開いてくれたJam Sessionです。

青本という日本でのみ聖典化されているJazzの本があります。
日本のJazzプレイヤーは(本当に)100%この本を持っていて、全国で行われるJazzのSessionで演奏される曲のキーは基本的に、この本に遵守している。という恐るべき本です。
内容的には多少賛否ありますが、実情としてそうなっています。
昨日は、その本を使ったJam Sessionでした。

昨日は、仕事を3件やって、このJam Sessionに行って、別の一団と(結局朝まで)飲みに行く。
という、無茶なスケジュールでした。
結果、今日は午後4時まで寝室から出られませんでした・・。

もう若くないんで、こういう飲み方は基本的にはやめようと思ってるんですが、付き合いが良いもんで、やってしまいます。
ブログ開始からの、そんなに長い期間でもないですが、毎日更新記録も途絶えてしまいました。
反省です。

今は、仕事が終わって、自宅で昨日のJam Sessionの録音を聞いて、一人反省会です。
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Tattoo Studio SEEK
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログの殿堂
ブログランキング
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode